HOME>注目記事>分譲住宅を購入する前にいろんな情報を収集しマイホーム計画を立てる

予算的に注文住宅が難しいなら中古一戸建てや分譲住宅

注文住宅に求めるスペックを希望通りに貫くと、場合によっては予算をオーバーしてしまうかもしれません。そんなときは、中古一戸建てや分譲住宅を視野に入れて検討してみましょう。譲歩できる条件を省き優先したい条件に合致する物件を見つけると、予算内に収まる可能性があるからです。

分譲住宅の良いところ

積み木

物件の見学が可能

すでに出来上がっている物件の内覧が可能ですので、どんな住まいになるのか確認できるのが安心材料です。例えば部屋割りやスペースを目で見たり、周辺環境をチェックできたりするのが大きなメリットの一つです。

費用が安くすむ

材料の標準化がなされているため調達費用が安く、また工事期間が短くすむため人件費の圧縮が可能など、様々な理由からトータル費用が安くできます。そのため、中古一戸建てのみならず、分譲住宅も少しでも安く購入したい購買層のニーズに合致しています。

生活に便利な環境

郊外に作られることが多い分譲住宅ですが、周辺環境は意外に便利なことが多いのも特徴です。例えば、スーパーや病院、もしくは学校などが周囲にある場合など生活に便利な環境が整っていることがあります。

分譲住宅を購入する前にいろんな情報を収集しマイホーム計画を立てる

女性

分譲住宅を購入するときに気を付けること

希望通りの間取りやデザインでなく、どこかに妥協しなければならない場合があることは覚悟しましょう。後悔しないために譲歩できる条件と、譲れない条件をあらかじめ明確にしておくといいです。
また、内覧できるとは言っても、詳細部分に関してチェックできるわけではありませんので、万が一不具合が見つかった場合の責任の所在をはっきりとしておく必要があります。専門用語で言えば、物件に瑕疵が見つかった場合の瑕疵担保責任の適用範囲が契約書に明記されているかを確認すると良いでしょう。