こだわりのマイホームが欲しいなら家作りを計画

理想的なマイホームを手にするためには、間取りやデザインなどを希望通りにすることが重要です。具体的なイメージとこだわりをもって、どんな家が欲しいのかを明確にしていきましょう。その上で予算内で可能な設計計画を、建築業者と相談して決めていきます。

中古一戸建てと新築一戸建ての違い

価格の違い

中古一戸建ては、新築と比べて安い価格で購入することができます。その上、リフォームされていれば新築と同レベルでキレイな物件に入居可能です。新築はまだ誰も住んだことがなくオーナーになる満足感がありますが、中古物件より価格が高くなるのが一般的です。

建築基準の違い

新築一戸建ては最新の建築基準にしたがって設計されていますので、耐震性や耐火性能が確保されていて安心です。震災を機に家の堅牢性により注目が集まっており、時代にニーズに応える新築物件は根強い人気があります。

新築には中古にはない良さがある

新築一戸建てには、なんといっても誰も住んだことがない全く新しい家を所有する満足感があります。新しい建築基準も準拠していますので、万が一の災害にも強くて安心です。また、購入時の税法上の優遇制度が利用できるメリットがあります。

注文住宅が持っている魅力BEST3

一軒家
no.1

自由なデザイン設計

立地や家屋の作りを、自分の望み通りに選択したり設計できたりします。間取りや家屋のデザインにこだわりを持ちたい人にとって、注文住宅は究極の選択です。家族構成や好みに応じて自由に設計できるので、居住空間を最適化きるのは大きな魅力です。

no.2

予算に自由度がある

自由な発想で望み通りの仕様で設計すると、費用が大きくなりすぎてしまう可能性があります。そこで要求仕様に優先順位をつけて、優先度が低い事項には省略するなどして、予算を調整できるのが注文住宅ならではの特徴です。

no.3

工事の様子をチェック可能

すでに出来上がっている分譲住宅と比較して、注文住宅ならば工事の進捗や出来栄えをその都度、確認できます。すなわち工事のやり方の不具合がないか確認できたり、要求仕様に合致しているかをチェックできたりするので安心です。

福岡で人気な注文住宅会社を利用しよう

マイホーム購入前に見ておきたいマニュアル|一戸建て物件のススメ

家

注文住宅計画には希望するイメージを持つことが大事

自由な設計ができるのが注文住宅の魅力ですが、漠然とした要求仕様では建築業者に詳細が伝わらず思い通りの家を設計してもらえない可能性があります。そこで双方でできるだけ誤解が生じないようにするために、希望する住宅のイメージをできるだけ具体的にイメージすることが大切です。
そのためには、まず家族構成を考慮してどんな部屋の使い方をするのかを考慮して、部屋の間取りやデザインを決めていくと良いでしょう。また今後のライフスタイルの変化を検討することも大切です。すなわち成人して家を出る予定があったり、新たに家族が増えたりする予定がある等も考慮するやり方もあります。

埼玉で注文住宅を建てるなら人気の業者へ☆

鎌倉で一戸建てを探すならこちらへ♪ 家族で地震に強い家で暮らそう☆

広告募集中